ドロップシッピングとは

ドロップシッピングとは「在庫を持たず、ネットショップを開く形態」です。

 

「Drop Shipping」の意味は「直送」です。

スポンサーリンク

ドロップシッピングの大まかな仕組み

最初にドロップシッピング運営会社(ASP)に登録し、ショップを開きます。

 

 

そのショップでお客さんが商品を選び、あなたに注文します。

 

 

あなたは注文を受けるとドロップシッピングASPに商品をお客さんに届けるよう発注します

 

 

ドロップシッピングASPはお客さんに配送します

 

ネット上にショップを開いて、売れてから商品を仕入れる形になるので、在庫リスクがありません

 

 

実店舗では、開業前に商品を仕入れるので売上が悪ければ赤字に、というか初期投資があるので、マイナスからのスタートになります。

ドロップシッピングでは、在庫や実店舗を持たないのでショップを開いて売上がゼロでもとりあえずマイナスにはなりません。

 

 

商品が売れたら、販売額から仕入代金と手数料を引いた金額を受け取ることが出来ます。

ドロップシッピングの始め方

 

ASPに登録する

まず、ドロップシッピングASPに登録します。

 

 

以下の2社がドロップシッピングの大手です。

 

 

最初は、このどちらかで始めるのが良いでしょう。

 

もしもドロップシッピング

 

商品点数は38万点以上あり、会員数も48万人以上と、日本で最大手のドロップシッピングASPです

 

 

商品は日用品、食料品、化粧品など種類も豊富にあります。

 

 

 

また、ネットショップを作るためのテンプレート「ショップできすぎくん」やショップを作るための素材「もしも大学」が用意されているので、手軽に始めることが出来ます。

 

通販素材.com

 

主にベッド、ソファー、テーブルなどの家具、特に寝具が充実しています

 

商品画像やバナーなどの素材が充実しているので、ネットショップ初心者でも取り組みやすいでしょう。

 

ショップの構築

次に、ネットショップの構築をします。

ヤフーショッピングや、楽天の中のショップのイメージです。

 

最初は、もしもドロップシッピングの「できすぎ君」などを使えば簡単な設定だけで、一発でネットショップができます。

慣れたら、少し凝ったショップを作れば良いので、まずは簡単に作ってみましょう

 

 

商品の管理

ドロップシッピングASPの商品は、製造中止になることもあります。

 

また売れ行きが悪い商品などは、こまめに別の商品に入れ替えたり、ユーザーの目に留まりやすい場所に表示しなければいけません

 

この辺は実店舗でも同じですね。

 

鮮度の良い品揃えが大事です。

 

集客活動

ネットショップを開いただけでは無人島でショップを開店したような状態なので、誰も来てくれません。

 

お客さんを呼び込むことが必要です。

 

呼び込むと言ってもネットの中の話なので、広告を打つことがメインです

 

すでに訪問者が1日何十万人もいるようなサイトをお持ちなら問題ないのですが、ほとんどの方はそんなサイトは持っていません。

 

また、今からそのようなサイトを構築しようとすると、とてつもなく時間が掛かるので現実的ではありません

 

広告

広告を打つのが集客の基本となります。

 

例えばYahoo!やGoogleで「ベッド 安い」と検索すると検索結果の上の方は「広告」の文字が入っています。

 

検索結果のすぐ下は、誰の目にも留まりやすい一等地です

 

ここに広告を載せるのです。

 

この広告をリスティング広告と言い、検索した文字に合わせて表示されます。

 

ここに自分のショップの広告を表示させるのです。

 

広告と言っても1クリック数十円単位で、止めたいときもすぐに止めれます

 

 

ただ、売れても売れなくてもクリックされた分だけ広告料を払わなければいけません。

 

自分の検索行動で考えてみると分かると思いますが、先ほどの「ベッド 安い」で検索して飛んだページですぐにベッドを買うでしょうか?

 

お客さんが買ってくれるようなページにして、売れるような商品を並べておいても、なかなか売れません

 

ましてや魅力的な商品も無ければ、ずっと売れないでしょう。

 

そのため、上でも書いたように陳列が大事なのです

 

Amazonに出品する

 

Amazonの集客力を生かして、商品登録をして販売する方法もあります。

この方法なら、広告費用は一切掛かりません。

 

 

自分のネットショップよりもユーザーの目に留まる確率は数段上がります。

 

しかし、ライバルがいると同じ商品で同じ仕入れ価格なので、価格競争が激しくなり利益がほとんど出なくなることも多いです

 

 

また、ドロップシッピングASPの在庫確認を怠ると、在庫が無い商品を販売してしまうことになり、お客さんの注文をキャンセルしなければいけません。

 

1度2度なら問題ないですが、あまりキャンセルが多いとAmazonのアカウントが停止になります

 

楽天市場に出店する

 

楽天市場はドロップシッピング形態の販売が認められているので、出店しようかと考える方がいるかもしれません。

 

しかし、初期費用が高額であることと、維持費も掛かることから初心者が副業で始めるにはハードルが高すぎます

 

楽天にショップを既に持っていて、アイテムを増やすためにドロップシッピングを活用するのが現実的です。

 

スポンサーリンク

ドロップシッピングは副業で稼げる?

自分で商品を仕入れるAmazon販売は、仕入れるのが難しいです

 

仕入れを考えなくてもいいドロップシッピングは、販売が難しいです

 

 

そもそも、簡単に稼げるならドロップシッピング業者が自分で広告を出して売れば良いのです

 

 

でも、ドロップシッピング業者は他人に販売を任せていますよね。

 

それだけ難しいということです。

 

 

基本的にリスティング広告で集客するしかないので、広告費がデメリットになります。

 

他の方のブログの引用ですが、シミュレーションがありました。

ドロップシッピングで一つの商品を販売することで得られる手数料を2,000円とします。(かなり高額設定)そしてリスティング広告のCPCは15円としましょう。(低額設定)

Webサイトに訪れたユーザーに対し販売率は1%が基本ですので、500人のユーザーがリスティング広告経由で訪れ、5人が購入したとします。

 

≪販売利益≫

5ユーザー×2,000円=10,000円

 

≪リスティング広告費≫

500ユーザー×15円=7,500円

 

≪粗利≫

10,000円-7,500円=2,500円

広告費や利益を甘めに設定していてもこのくらいです。

 

これだと、1%の人が買ってくれなかった場合、つまり4ユーザーしか購入しなかった場に、すぐに赤字になります

 

アフィリエイトできるようなサイトを構築して、そこで販売するなど、何かと組み合わせないとドロップシッピングだけでは儲からないかもしれませんね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


スポンサーリンク

おすすめの記事