YouTuberとは

 

YouTuberとは、動画配信サイト「YouTube」で独自の動画を公開して収入を得ている人のことです。

 

ヒカキンさん、はじめしゃちょーさん等、テレビに出演しているタレントさん並みに有名な方も増えてきています。

 

しかし、YouTuberと言う言葉が使われ始めて数年が経ちましたが、どうやって収入を得るかを知らない人が多いようです。

 

また、副業で顔出しするのに抵抗があると考えている方も多いようですが、顔出ししないコンテンツもあります。

 

スポンサーリンク

YouTuberは稼げる?

 

YouTuberの収入は、広告収入です。

 

 

視聴者がYouTubeの動画を再生したときに広告が流れ、その広告の表示回数で収入を得ます。

 

広告の表示1回に付き、0.04円~0.1円程度の収入になります。

 

例えば、ヒカキンさんのある動画の再生回数が114万回でした。

これに0.04~0.1円を掛けると45,600円~114,000円になります。

 

この金額の上下の差があるのは、時期によって報酬金額が変動するからです。

 

中間の8万円くらいだとしても、毎日動画を配信すると月収240万円になります。

 

114万回再生は、ヒカキンさんの動画では少ない方なので、実際にはその数倍、更に複数のチャンネルを運営しているので、年収は4億円とも言われています。

 

 

これは極端な例ですが、動画1本あたり3万回再生されれば、月間で100万回再生となり、月収10万円はそれほど高いハードルでは無くなります。

 

スポンサーリンク

月収10万円を目指す

 

とりあえず、月収10万円を目指して、1日に3万回再生される動画を作ります。

 

ここで問題なのは、当然ですが、素人が作った動画がいきなり3万回も再生されることは無いということです。

 

YouTubeに限らず、どんな副業でもいきなり大きく稼ぐことは出来ません。

 

最初は、こつこつ毎日動画を作るのみです。

コツコツが、難しいんだけどね

 

1万回の壁

苦労して作っても再生回数10回とかはザラにあります。

 

私が作った動画も最初は4回しか見てくれませんでした。

 

しかも、YouTubeは累計1万回再生されないと、収益は発生しません。

 

何本も動画を作り続け、1万回再生された後、やっと収益を得る審査を受けることが出来ます。

 

 

1動画で10回しか再生されないのに、1万回って・・・と、多くの人が挫折します。

 

挫折とは、YouTube を止めるか、テレビ番組をそのまま流す著作権違反の道に進むことを言います。

 

テレビ番組は再生回数を稼げますが、著作権違反でアカウント停止になる可能性が高いので、絶対にやめておきましょう。

 

アカウント停止になると、ゼロからやり直し

 

それでも3万回再生を目指す

 

ここまでの話を聞いただけでしり込みする人も多いでしょう。

 

でも、最初のうちは再生回数10回が続いたとしても、動画を作り続けていると必ず再生回数が増える時期が来ます。

 

それまでの我慢です。

 

 

ただ、人気のないジャンルで頑張っても仕方が無いので、ある程度人気のあるチャンネルを目標にして努力しましょう。

 

例えば、本業が料理人だとしたら、「包丁」と言うキーワードをYouTubeで検索してみます。

 

すると、錆びた包丁を研ぐ動画が何百万回と再生されています。

 

例えば、女性でしたら、「アイライン」で検索してみましょう。

 

顔出しが嫌な人は、「ネイル」とかでも良いでしょう。

 

こうしてみると、3万回再生される動画は全然すごくないことが分かると思います。

 

要は、3万回再生されるまで我慢できるか、毎日動画を作ることができるか、です。

最初はコツコツ

スポンサーリンク

なにも特技が無い、知識も無い

動画を作るネタが、どう考えても何も無い、と言う方もいるでしょう。

 

そういう方は「感動」「修羅場」「浮気」「朝日新聞」などで検索してみましょう。

 

検索結果の動画を見ると、文字が流れる「テキスト動画」と言うものがあります。

 

 

これなら、5000円くらいの動画編集ソフトで誰でも作れます。

 

内容は、2ちゃんねる等で検索し、その内容と自分の経験と重ねて一つの物語を作るだけです。

 

このときに、コピペは避けましょう。

 

テキスト動画なら、顔も声も出さないので、副業禁止の会社にバレることもありません。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


スポンサーリンク

おすすめの記事